こんにちわ、けいすけです。

僕のこれまでのネットビジネスについての経歴を、動画でお話しました。

なんだかんだで、物販で一番重要なのは気合だとおもいます。

物販に限らず、あらゆるビジネスで必要なことだとは思いますが、

いわゆる転売は、自分のやる気と正しいやり方さえあれば稼げます。

 

しかしやり始めは、確かに精神的にきつい部分もあります。

僕もついつい誘惑に負けてしまう時もあります。

簡単なようで難しく、難しいようで簡単です。

 

ある方が「人生において一番の幸せは、日々成長すること」と言ってました。

本当にそのとおりだと思います。

あなたの人生を振り返ってみても、部活や芸術、仕事などなんでもいいですが

がむしゃらに頑張った時に一番充実感を感じたのではないでしょうか。

音楽やスポーツなど、大人になって出来る青春は幾つかありますが、ビジネスもその一つだと思います。

 

動画では自分を追い込めと何回も言ってるので

「そんな苦行のようなことをするぐらいならビジネスはしたくない」

と思ったりするかもしれません^^;

 

しかし、日々何気なく過すよりも、大きい壁(目標)があったほうが良いと僕は思います。

その壁は想像しているだけだと、恐怖心や余計な心配事を生む厄介者ですが、

いざ行動を起こしていけばどんどん楽しくなるはずです。僕は実際にそうでした。

 

今回の動画は主にそういった心構えの部分を中心にお話ししました。

何かあなたのヒントになると嬉しいです。

最後にサミエル・ウルマン氏の【青春の詩】という詩を紹介します。

———————————————————————————-

青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相をいうのだ。

優れた創造力、逞しき意志、炎ゆる情熱、

怯懦(きょうだ)を却(しりぞ)ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、

こういう様相を青春と言うのだ。

年を重ねただけで人は老いない。理想を失う時に初めて老いがくる。

歳月は皮膚のしわを増すが、情熱を失う時に精神はしぼむ。

苦悶や、孤疑(こぎ)や、不安、恐怖、失望、

こう言うものこそ恰(あたか)も長年月の如く人を老いさせ、

精気ある魂をも芥(あくた)に帰せしめてしまう。

年は七十であろうと十六であろうと、その胸中に抱き得るものは何か。

いわく

「驚異への愛慕心」、「空にきらめく星辰(せいしん)」、

「その輝きにも似たる事物や思想に対する欽仰(きんぎょう)」、

「事に処する剛毅な挑戦」、「小児の如く求めてやまぬ探求心、人生への歓喜と興味」。

人は信念と共に若く、疑惑と共に老ゆる。

人は自信と共に若く、恐怖と共に老ゆる。

希望ある限り若く、失望と共に老い朽ちる。

大地より、神より、人より、美と喜悦、勇気と壮大、 そして偉大の霊感を受ける限り、

人の若さは失われない。

これらの霊感が絶え。悲歎の白雪が人の心の奥までも蔽(おお)いつくし、

皮肉の厚氷がこれを固くとざすに至れば、この時にこそ人は全くに老いて、

神の憐れみを乞うるほかはなくなる。

 

 

けいすけ

____________
____________

物販関係で分からないことがあったら是非ご相談ください。

skypeでもお気軽にどうぞ^^

skypeID:kibroooo