動画をアップしました。

————————————–

「承継~勉強会の日~ワンシング」

————————————–

今回の動画は勉強会の雰囲気やマインド系になるので、作業中にラジオ感覚で聞いてください。

 

人生は問いである

 

勉強会で、ワン・シング(一点集中がもたらす驚きの効果)という本を配りました。

 

この本は「成果の連鎖反応の重要さ」を教えてくれます。

 

例えば、ドミノって前のドミノより1.5倍の大きさのドミノを倒せるらしいんですね。

 

5cmのドミノは7.5cmのドミノを倒せて、7.5cmのドミノは11.25cmのドミノを倒せる

 

これを繰り返していくと、10番目のドミノは2メートルの高さ、

 

23番目のドミノがエッフェル塔と同じ高さ、、

 

そして、57番目のドミノはどれぐらいの高さになると思いますか?

 

答えは

 

地球から月までの距離と同じ高さ」になるらしいです。

 

ドミノの威力恐るべし、ですよね笑

 

なので、連鎖反応を起こせる先頭のドミノを見極め、

 

それを倒すことに一点集中しろと書かれているんですが、

 

では、先頭のドミノを見極めるにはどうすればいいか?というところで

 

自分に「的を絞り込む質問」をしろと書かれています。

 

以下、本の中から抜粋した文です。

 

 

————————————–

人生は問いである

ここで疑問が出てくるかもしれない。

「欲しいのは答えなのに、なぜ質問が大事なのか?」

理由は簡単だ。答えは質問から生まれ、

質問の質がそのまま答えの質を決めるからだ。

間違った質問をすれば間違った答えが返ってくる。

正しい質問をすれば正しい答えが得られる。

だから、できるだけ効果的な質問をすることだ。

その答えは人生を一変させるほどのものかもしれない。

————————————–

 

そして、その「的を絞り込む質問」が具体的に紹介されています。

 

それをすることで
他のすべてがもっと容易になるか
不必要になるような
いま私ができる「一つのこと」は何か?

 

この質問を常に自分に問いかけることで、

 

あなたが今倒すべき最初のドミノが明確になると説明されています。

 

本を読む時間がないという人はこの質問を習慣づけるということだけでも意識してみてください。

 

人によっては、

 

とりあえずリサーチをして出品をすることかもしれませんし、

 

外注化のマニュアルを作り始めることかもしれません。

 

もしくは、まずデスクの周りを掃除することかもしれませんね。

 

もし、あなたがいま中国輸入に集中しているのであれば、

 

輸出に特化した僕のメルマガを読んでいても、

 

将来につながる最初のドミノを倒すことはできないかもしれませんね笑

 

まあ、こういったマインド系の話は有益かもしれませんが。

 

それをすることで
他のすべてがもっと容易になるか
不必要になるような
いま私ができる「一つのこと」は何か?

 

ぜひ、この質問を習慣づけして最初のドミノを倒すことに一点集中してください。

 

物販の今後について考える

 

話は変わりますが、僕はeBayが好きです。

 

輸出を始めるときにAmazon輸出もしようかと迷いましたが、

 

自由度の高いeBayの方が面白いと思って極めた結果、今があります。

 

ただ、ここ最近はeBayのビジネスモデルがAmazonのような定価物販に近づいているのを感じます。

 

10月に発表されたeBayの第三四半期の決算報では、

 

売上22億2000万ドルで前年同期比で6%増と順調に成長しています。

 

eBayの最近の成長は、SEO(アイテムにキーサードのタグをつけて検索の効果を上げる)

 

に力を入れてeBay内で商品を見つけやすくする工夫にあるといわれています。

 

専門家のJames Cakmakさんは、こう伝えています。

 

「同社はますます“Amazon化してきた”。
つまりオークションの縮小を補うべく、商品の定価販売を拡大してきた。」

 

UPCの入力も必須化されて、Does not applyN/A表示が今後アウトになると

 

2016年秋のセラーアップデートでも発表されました。

 

これが本格的に進むとAmazonとeBayのデータ連携もできるようになるので

 

数クリックで出品できる、eBayへの大量出品ツールといったものも

 

今後増えていくようになると予想できます。

 

そこに加わってしまうと、無在庫定番商品を販売しているセラーは

 

価格競争に巻き込まれて厳しい状況へ陥ってしまうと思います。

 

個人が今後生き残るためには、

 

●ライバルが少なくてコアなファンがいる商品を出品する

●その商品の専門店化をして、ファンやリピーターを作る

●安く仕入れられる仕入元を探したり、有在庫を取り入れる

 

こういったことを実現するには個人のリサーチ力が重要ですね。

 

誰でもできることを同じようにしても、どこかで淘汰されてしまいます。

 

大事なのは、自分の物販力を育てることです。

 

まずはリサーチ力を磨きましょう。

 

100個ツールで自動出品して、自分が何を出しているかも把握していないまま

 

数打てば当たる感覚でひとつ商品が売れるよりも、

 

自分でリサーチをして試行錯誤しながら10個出してひとつ売れる方が、

 

自分のリサーチ力は確実に成長していきます。

 

スタイルが確率してから外注化して数を増やして

 

利益も倍々に増やしていく流れがいいと思います。

 

この力は、eBayのみに使える能力ではありません。

 

僕は、まだ手を出していない物販のジャンルでも本気で取り組めば実績を出せる自信があります。

 

実際に輸入から始め、輸出でも予約転売でも実績を残してきました。

 

これは、「自分で売れる商品を探し出す」力を育ててきたからです。

 

全てに応用できます。

 

 

eBayは、今年AI技術をもつ会社を買収しました。

 

今後この技術をプラットフォームに取り込む予定だとも言っています。

 

すると、顧客が欲しい商品をAIが探し出してくるような時代がきます。

 

そうなると、まだまだ個人対個人で切磋琢磨している環境が

 

今度は企業と戦わなくてはいけない時代になってくるかもしれません。

 

怖い話かもしれません。

 

でも僕は怖くありません。

 

絶対に企業がカバーできない部分の商品やサービスがあります。

 

その時はそこをリサーチして探し出して、攻めていけばいいんです。

 

もっと広い話だと、「10年後、機械に奪われる仕事」なんて記事が最近話題ですよね。

 

そういった時代の流れにも恐れずに柔軟に対応できるように、

 

どんな状況でもお金を作り出せる自分になるようにしておく必要があります。

 

どうすれば良いのか。

 

それまでにシステム化仕組み化しておく、といった答えが頭に浮かぶ人もいるかもしれません。

 

それもひとつの正解かもしれませんね。

 

でも、その前提として「どんな時代でも柔軟にお金を作り出す能力」を

 

今身に付けておくのは、どんな資格を取得しておくよりも心強く生きていけます。

 

具体的には、技術メンタル度胸判断能力、こうした経験を積むことです。

 

eBayや他の転売ノウハウも、現在はまだまだ努力すれば稼ぐことが出来る環境です。

 

実際にコンサル生の中でも、半年や8ヶ月間でガラっと人生を変えた人たちを見てきました。

 

自分の経験値を溜めて、自分自身で未来を選択できるようになりましょう!

 

 

☆eBayで需要がありそうな新製品紹介コーナー☆

 

S.H.MonsterArts ゴジラ(2016) 第2形態&第3形態セット
http://p-bandai.jp/item/item-1000110039/

 

バンダイから発売されるシン・ゴジラの第一形態に続く、第2形態&第3形態セットです。

 

今月発売されたシン・ゴジラのフィギュアの続編なので、

 

第一形態を購入したファン層はこの続編のフィギュアも揃えたくなりそうですよね。

 

ちなみに、第一形態のフィギュアは仕入れ値12,960円で、$200~$278 で売れています。
http://www.ebay.com/sch/i.html?_from=R40&_sacat=0&LH_Complete=1&LH_Sold=1&_nkw=BANDAI+S.H.+Monster+Arts+Shin+Godzilla+2016&_sop=13

 

送料抜いて、大体2,000円~9,000円の利益が出ていますね。

 

国内amazonでも2万円近くの値がついているので、国内でも利益の出る商品です。

 

発売は2017年5月と少し先ですが、定価で購入できるのは受付期間のみなので、

 

先に数体予約しておいても良い商品だと思います。

 

 

それでは、今日はこの辺で。

 

頑張っていきましょう!

 

 

けいすけ

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「eBay利益計算表 改良版」を無料配布中です。

https://youtu.be/ZVPCrAjHFws

動画説明文の申請フォームよりすぐに受け取れます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

____________
____________