ホリデーシーズンへむけて【準備編】

 

こんにちわ、けいすけです。

 

さて、前回のメールでは、

 

いよいよ1年で一番売れると言われている「ホリデーシーズン」がやってくるということで、

 

  • そもそもホリデーシーズンとは?
  • ホリデーシーズンに売れる商品

 

の2つについてお話しました。

 

まだ読んでいないあなたは、よかったらチェックしてみてください^^

 

【朗報】優良レート ホリデーシーズン

ebayホリデーシーズン

 

 

今回は、ホリデーシーズンを迎えるにあたって

 

注意するべき点や準備についてお話していきたいと思います。

 

 

ホリデーシーズンに向けた準備

 

ホリデーシーズンでは一気に物流が増えます。

 

そのため、配送遅延や未着などのトラブルも通常時よりは自然と起こりやすくなります。

 

なので、

 

「ホリデーシーズンに入ったので、物流が大変混み合っています。

荷物が遅延する可能性もあることをご了承ください。」

 

というようなメッセージをデフォルトで送るようにすると、

 

多少の遅延によるクレームは減らすことが出来ます。

 

また、EMSであったとしても発送から到着までは

 

一週間くらいかかると想定して顧客対応をしていきましょう。

 

特に無在庫の場合は、そこに2,3日かかると考えると結構ギリギリになりますよね。

 

 

クリスマスまで近い時はさらに注意

 

クリスマスまで一週間切ったタイミングでの注文に対しては、

 

上記のメッセージに加えて

 

「ホリデーシーズンに入ったので、物流が大変混み合っています。

荷物が遅延する可能性もあるため、

今からの注文だとクリスマスに間に合わないかもしれません。

そこに同意いただける場合は発送します。

あなたのお考えをお聞かせください。」

 

というメッセージを送り、同意してもらってからの発送の方が安全ですね。

 

 

注意するべき国

 

今年は、カナダへの発送には注意が必要です。

 

9/26にカナダポストのストライキ決行の判断は見送られた、

 

というニュースがあったのですが、

 

10/22からカナダポストのストライキが4都市で始まり、実際に遅延が起きてしまいました。

 

今も続いているのか、緩和されたのかという情報をリアルタイムで監視しつつ

 

バイヤーとコミュニケーションを密にとりながら取引するという判断も良いとは思います。

 

※ちなみに現在はどうなっているのか郵便局へ聞いてみたのですが、
大丈夫だろうという返答だったりあまり正確な情報は得られませんでした。

 

僕はどうするかというと、コンサルに力を注いでいる中で、

 

ホリデーシーズンの販売量もトラブルも増える時期に

 

そのやりとりが発生するのは時間の損失になると思い、一旦発送除外国にしました。

 

ただ、除外するセラーが多い中、販売し続ける判断をしたらその分売れ行きが伸びるという可能性もあります。

 

機会損失と手間やリスク、そのあたりを天秤にかけた判断が必要になりますね。

 

 

ホリデーに向けた物理的な準備

 

発送代行会社を使用していたとしても、

 

仕入れ先や物によっては、どうしても自宅発送しなくてはいけない商品

 

というものが出てくると思います。

 

発送するときに、うっかり足りなくなってしまうものとして

 

  • 発送用パウチ
  • 用紙
  • インク
  • 段ボール
  • ガムテープ
  • ぷちぷち(緩衝材)

 

などが考えられます。

 

とくに、パウチに関しては請求してから5日くらい待たないと

 

届かない時もあるので、くれぐれも切らさないようにしておきましょう!

 

ホリデーシーズンは普段扱わないような大きさの物を

 

発送する機会も出てくるかもしれません。

 

色んな大きさのものに対応できるように、

 

プチプチと巻きダンボールを念のため家に置いておくと安心ですよ^^

 

巻きダンボール

 

プチプチ

 

それでは、今日はこのへんで。

 

頑張っていきましょう!

 

けいすけ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

「eBay利益計算表 超改良版」を無料配布中です。

https://youtu.be/cGkD_l12HK0

動画説明文の申請フォームよりすぐに受け取れます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

____________
____________

●LINE@では頻繁に情報を流していきます
友だち追加

●IDで登録する
@keisukebay  
 
※ @マークを忘れないように入力してください。  
 
●無料メール講座に登録する
メルマガボタン  
 
●Youtubeチャンネルに登録する  
youtubeボタン